素晴らしい旅行は準備から

春のお別れに卒業旅行

卒業旅行と言う言葉が定着し始めたのは、バブル時代の学生さんが、学校を卒業して就職する前に、ありあまるお金を軍資金に、海外へお別れ旅行をしていたのが由来なのかと勝手に思っていましたが、実はその歴史は意外にもっと古く、昭和の初めの集団就職の時代頃にはすでに存在していたそうです。いつの時代も、苦楽を共にした仲間とのお別れは感慨深く、何か突き動かされる衝動があったのでしょう。バブルの頃はやはり景気も良かったので、海外へと言う流れが主流だったのは間違いなさそうですが、今の不景気を通り越した景気の低迷時代の学生さんでも、きちんと想い出作りに卒業旅行に出かけるグループもちらほらいらっしゃるみたいです。

仲間達との楽しい想い出をと言う事も第一目的でしょうが、学生時代と違って、社会人になるとなかなか自由な時間は取れなくなります。特に男性は、まさしくそうで、働き盛りまでは土日休まず仕事に精を出すと言う様な人も実際沢山出て来るでしょう。学生の本分はもちろん勉強ですが、仲間と過ごす無駄な時間と言うのも同じ位大事な要素であって、そんな羽目を外したバカばかりやっていた時間と言うのが、社会に出て挫折を味わった時の心の支えになったり、案外糧になっていたりする様です。

卒業旅行で悔いのない学生時代にピリオドを打つ区切りとしても、最期に思う存分楽しめる、そんな仲間がいる事に感謝しつつ、社会人として更に飛躍出来れば最高ですね。

Copyright (C)2019素晴らしい旅行は準備から.All rights reserved.